ブログ

BLOG

ホーム » コラム » ストレッチの真実 其ノ壱

ストレッチの真実 其ノ壱

こんにちは赤月堂です。

名古屋で整体してる深川です。初コラムです。よろしくお願いします。

 

世に流通しているストレッチ

皆さんはストレッチを知っていますか?

おそらく知らない人はほぼいないでしょう。

関節が鳴るまで体幹をねじったり、前屈で床まで手をつけたり、三角筋(肩の筋肉)を伸ばしたり、背中を伸ばしたり、股関節を限界まで開脚したり・・・。

とにかく可動域限界まで筋肉を伸ばす!的な。仮に名称を知らなかったとしてもやったことある方ばかりでしょうね(笑)

世の中でストレッチを知らない人はいないと言っていいほどストレッチは健康法や予防法・改善法、筋肉を柔らかくする方法として流通してます。これだけ私たちの日常に溶け込んでいるストレッチですが、実際の話、可動域が増えようと腰痛や肩コリが消えないという人の方が多いのが現状です。

実際一部良くなる人もいますが素人の場合たまたまという形がほとんどです。痛い部分を揉むだけで痛みが消えないのと同じことです。腕のいいストレッチ技術中心の施術師はちゃんと「原因」や「必要なこと」を見抜くから多くの人に効果があります。

よくアドバイスで「腰捻るストレッチがいいよ」と言われてやる方がお客さんの中でもよくいますが、そんなんでは良くならないからうちに来てます。

そこで今回するストレッチの話は私の経験から得た知識といろいろなところで学んで得た知識のまとめ話です。

 

もしストレッチで痛みを改善させるなら?

私は基本骨のズレ、筋のシコリを調整します。調整後お客さんに「何かいいストレッチない?」と良く聞かれます。

もし私がストレッチで改善させるなら、骨格の歪み方と筋肉のシコリを触診した上で(薬を一人一人違った処方するように)よく観察した上で指導します。単純に「腰を捻ってストレッチしてください」でよくなるならそもそもうちに客は来ませんからね。

例えば腰が悪いなら捻れ方や最も強くズレてるとこに合わせて、「体の折る角度」と「ねじるときどこに中心と軸を置くか」、「捻る方向」、それと「そもそも腰周りのの筋肉が原因か?」ということを考えて処方していきます。

最後の「原因」とは、筋肉は繋がっているので例えば腰回りの筋肉が緩むことで膝の痛みが消えたり、ふくらはぎや委中というツボを緩めることで腰痛が消えたりします。

指導するならそう言った感じで一人一人みていきます。

ただ私は基本的には(特に始めのうちは)ストレッチをすすめません。

ここから話すことは人によってはこぼれ話ですが、聞く人によっては否定されたような話にもなります。ご注意を。

 

なぜ最初のうち勧めないのか?

世の中の痛みというのは繰り返される習慣によって少しずつ骨がズレていくことで起こります。

それを踏まえると、気にしすぎてストレッチなどいろんな健康法をやりまくってる極端な人はハードなスポーツをしてるのと同じような壊し方の現象が起きる可能性が高いからです。

要するに「あなたは右に捻れてるから、左に捻ってください。」と教えると、そればっか忠実にやってしまう極端な人がいるからです。それで何かが起きたら話にならないので指導はよく観察し考えてから決めています。

よく効く薬を「治るから!身体にいいから!」という理由で飲み過ぎれば「逆に毒」になるように、ストレッチや健康法も極端なことをしたり、正しい知識を得ないでやれば「毒になる場合がある」ということですね。難しいところです。

他にも薦めない理由はありますがそれは「ストレッチの真実 その2」でお伝えします。

 

ゴルフなどで右打ちの後に左打ちもすれば身体に良いのか?

ここでちょっとしたオモシロ話です。人によっては悲しいお知らせにもなるかもしれませんが・・・。

先程述べた極端行為の別話です。

スポーツでは主に使いやすい片腕片脚を酷使します。じゃあ鏡のように使う手と足を逆に使えばどうなるでしょうか?

答え:

いい方法◎  だと思います。

筋肉のバランスも取れますし、脳の運動にもいい事です。さらにスポーツパフォーマンスや動作のバリエーションも向上し、日常生活も器用に過ごせることでしょう。

 

ですが、

 

私のところに来るお客さん達のほとんどがそれをしようと毎度同じ様なズレ方をしてきます。

わかりやすい例をあげるとゴルフで「右打ちから左打ちに変えた」お客さんがいます。月一で来ますが「左打ち」にしてからもう何年目でしょう?かなり経過してます。

今でも相変わらず「右打ち」の時のズレ方をしてます。

今までの習慣(脳のプログラム、最も使っていた筋肉、身体の使い方)が身体に覚えさせてしまったんでしょう。

骨だけなら簡単に右に行ったものを左に動かせるんですが、人間の体には筋肉や脂肪など細胞組織がたくさん詰まってます。その中でも特に筋肉ですね。

筋肉は伸び縮みしたり、つっかえ棒になったり、骨格のバランスを保ってくれたり、骨がそれ以上ズレないように硬くなったり、さらには記憶合金みたいな働きがあります。

ゴルフで右打ち捻りしたから左打ち捻りしまくったとして、骨だけなら動いてくれることでしょう。

ですが、筋肉があるのでその捻る力は結果的に右打ちのズレ方を生み出してしまうのです。そうそううまい具合に逆方向には行ってくれないものなのです。

 

そして今の説明通りそうそう起きませんが、極端に逆側をやり過ぎて見事にそっちに動いてしまった場合です。これもおもしろい例があります。

腰痛が治るか?逆側に痛みが起こるか?と思いきや、違う箇所に痛みが起こるやっかいな身体になってました。腰にあった痛みはなくなったものの、「それがあった側に背中から腰にかけての痛み」が出て「膝痛」も追加されていました。

それはそうです。今までの内部の位置とはまるで違うんですから。変なこと起きてもおかしくはないです。

では今回はこれでお開きにします。

 

次回は「ストレッチの真実  其の二」です。

内容は主に「ストレッチで実は何が起きるか」ということです。「そもそも柔らかくなるのか?」「無限ループの落とし穴」など物理的なことも含めて話していきたいと思います。

お客さんから頂いたスイーツ

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)