コラム

COLUMN

ホーム » コラム » ストレッチの真実 其ノ弐

ストレッチの真実 其ノ弐

前回コラムの続き

こんにちは、名古屋で整体してる赤月堂の深川です^ ^

今回は宣言通り前回の「ストレッチの真実」の続きです。

前回、なぜ基本的に&最初の内は特にストレッチの指導をしないのか?の他の理由を今回は書いていきます。

よかったらぜひ読んでください。

 

の前に一応前回まとめ

簡単にまとめると

「テキトーにガムシャラにやってもほとんど意味ないよ、場合よっては毒になるかも」

という内容でした。そうですね。伝わりきらないですね。

ストレッチも神経質にやり過ぎれば、スポーツ動作で体壊すときと同じ現象が起きる可能性があるということ。と、投げる動作を繰り返して野球肩が起きるんだから、そりゃストレッチでも極端にやれば同じことが起きるときもありますよねって屁理屈的な感じの内容でした。

あとは最後に余談みたいに、「そうそう簡単に〇〇しない。」みたいな感じのことも書きました。ゴルフや野球好きの方は読んでみるといいかもしれないです。

とりあえずそんな感じでした。このまとめは不要だったかも知れないですが、とりあえずそこらへんを踏まえて行ってみましょうか。

 


ストレッチによって逆に筋肉が硬くなる?

ストレッチは健康法、ケガの予防、痛み・不調の改善、可動域を増やす、筋肉を柔らかくする。というイメージが世間一般的に多いですが、果たして本当なのでしょうか?

今まで様々なお客さんの身体を触ってきましたが、ストレッチをして可動域が広くなっていようが、前屈で地面に手が余裕でつこうが、筋肉が硬い性質になっていた人はたくさんいました。

むしろ普段から動かない代わりにストレッチをしてる人は可動域があろうが硬い人が多かったです。

筋肉が柔らかい性質である人が多かったのは普段から筋肉を伸張と収縮させる動きをする人たちでした。

と言っても筋トレなど筋肉に酷使かけ続ける人(本当の意味で休ませない)、ジーッと仕事柄力入れっぱなし(立ち仕事、座り仕事)という人には硬い人はたくさんいます。

日常と仕事での普段の筋肉への負担のかけ方の違いで硬い人が生まれます。(硬い性質の筋肉になりやすい原因もいろいろあります。またいずれどこかで話します。)

今までの女性的な質の柔らかい筋肉の人たちの共通点は伸縮させる動きです。いい意味での柔らかい性質のある人はやはり伸縮させることが多い人でした。

重要なのが、伸張と収縮です。あくまでそこです。そこに筋トレのような負荷をかける必要はありません、伸ばしっぱなし、縮みっぱなしも違います。

ここの話をまとめると、

運動をあまりしないでストレッチだけをしてる人はなぜか可動域はあるが硬い性質の筋肉であるということです。

ではストレッチは何をしてるんでしょうか?

意味がないものなのでしょうか?

そんなことはありませんよ。

ストレッチだけでもやり方によっては柔らかくできます。できれば「筋肉の伸縮作用」も組み合わせるといいですが・・・。

とりあえずどんなストレッチが筋肉を硬くしてしまうのか?話していきましょう。

 


ストレッチが筋肉を硬くしてしまう・・・?

みなさんはストレッチをする時どうしていますか?

行けるとこまで行って「グッグッ」と、さらに奥に行くようなやり方をする人が多いのではないでしょうか?

この可動域いっぱいまで捻ってさらに奥に「グッ!」と捻る行為は、実は可動域が増えても筋肉が硬質になっていくだけなんです。

お客さんたちで可動域があっても筋肉が硬い人がたくさんいるのがいい例です。これを読んで思い当たる節がある方々いるんじゃないでしょうか。

指でも脚でもどこでもいいです。試しに今筋を伸ばしてみてください。

筋が張って硬くなるのわかりますよね?これ自体が悪いワケじゃないですが、それを押し広げ続けることで筋肉が反射的に硬くなります。

実際伸ばした後に筋肉を触ると微妙な感覚で分かりづらいですが、伸ばした側は若干硬くなり、逆の縮んだ側が柔らかくなってます。

この無理やり押し広げながら伸ばすストレッチのやり方を極端に続ければ続けるほど、デスクワークや立仕事でじっとしてる人や絶え間ない酷使で張ってる人と同じような質の硬さになります。(※ちなみこれらの方の共通点は常に筋肉の中や挟まれてる血管が圧迫され血流が悪い状態が続いてるということ。デスクワークなどはつい無意識に姿勢が崩れたり、肩が上がってくるので無意識に常にという感じです。)

可動域が拡がればなんでもいいという人にはどうでもいい情報かもしれませんが、ケガの予防や健康を考える人にとっては重要な話だと思います。

よくストレッチで優しくゆっくりやれという人がいますがまさにその通りです。つい「実感と即効性」を求めるがあまりに「程よい伸び感」を超えて「筋が張る」まで伸ばし、可動域を増やして満足感を得るまでやってしまう。

実際はこれを感じる手前くらいに伸ばす方がいいです。長期間かけるような地道な気持ちが必要です。そうすると張らずに柔らかい性質のまま可動域が増えていきます。

何事も極端なことは控えるべきということですね。

ストレッチの仕方、柔らかい筋肉の作り方に関してざっくりでも理解できたでしょうか。

 


養われるべきは柔軟な対応力

伸縮こそ筋肉を柔らかくする方法と説明したましたが、もう少し踏み込んでいきたいと思います。

ストレッチはケガの予防や健康にいいか?

いいとは思います。

ただ、前に述べたようにやり方が問題です。

そして単純に可動域が広がればいいのか?という話です。

例えば、「伸び縮みするゴムと伸びきったゴムと凍りついたゴム」どのゴムが使えるでしょうか?

もちろん伸縮する柔軟なゴムです。

伸びきったゴム(可動域の広い関節)はそこまでは簡単に行けますが、それ以上進めば切れてしまいます。

凍りついたゴム(可動域の狭い関節)は伸び縮みできないので無理やり伸ばせば切れるしかありません。

伸び縮みしやすいゴム(可動域の広い狭いという設定は省いて話します)は、衝撃を吸収し柔軟に対応してくれます。もちろんゴムは限界越えれば切れますが。ただ耐久力はその柔軟性で圧倒的に強いですね。

これは筋肉も同じことです。

可動域が広くても捻挫をする人はたくさんいます。正直可動域が増えたから骨がズレにくくなるなんてことはないです。

捻挫の場合関節の可動域を超えて起こります。そこに可動域は関係ありません。行くとこまで行っちゃえば距離が違うだけで同じということです。

なら柔軟性を養った方が、その柔軟性で衝撃や可動域限界に対して衝撃吸収ジェルや軟質と硬質の鉄を混ぜた日本刀のように柔軟に壊れにくく対応してくれることでしょう。

日本刀の表現はわかりにくかったでしょうか・・・。ただ硬いだけの物は壊れやすいということです。ダイヤモンドが引っかき傷には強く、落下ダメージには弱いのと同じです。物質の耐久力にはやはり弾性、柔軟性といった柔らかさも必要なワケです。

ざっくりまとめると可動域の広さと柔らかい性質の筋肉は意味が違ってくるということです。

両方の性質を得るためには伸縮運動とストレッチのバランスが重要です。口で言うのは簡単ですが聞く側は難しいところですよね。

完璧な商品を作れないのと同じで健康法にも必ずメリットデメリットが出てくる場合があります。これをヒントに試して学んで感覚でやっていってみてください。その過程でいろいろな気付きが得られると思いますよ。

読んでいる方にとって参考になる知識かは不明ですが、この知識を何かに応用して活かせるのなら幸いです。

ストレッチの真実 其ノ壱

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)