コラム

COLUMN

ホーム » コラム » 整体の効果が感じられる回数はどのくらい?持続性についても徹底解説!

整体の効果が感じられる回数はどのくらい?持続性についても徹底解説!

こんにちは、名古屋市緑区の整体院・赤月堂です。

名古屋整体

今回のコラムは整体の効果、その持続性回数の目安や期間などと言ったお客さんにとって最も多いであろう疑問についていろいろ話していきます。現実的な話も多いですが参考になるような内容にしようと思うのでよかったらぜひ読んでいってください。

目次
1.整体の効果を感じられるのは一般的に何回目から?
2.整体効果の持続性について、整体師が考察してみた
・2-1.整体効果の持続期間
・2-2.整体の部分調整と全身調整の効果
3.整体にはどのくらいの頻度で通うべきなのか?理由も含めて徹底解説!
・3-1.腰痛の平均的な施術回数
・3-2.五十肩の施術回数と通う頻度について
・3-3.頭痛は一回目で効果がわかることが多い
 4.整体に通い続けるのはもうやめたい・・・体質改善は赤月堂へ
・4-1.最低でも4、5回は施術を受けた方がいい理由
・4-2.整体に通うか迷っている方へのアドバイス

 

 

 

整体の効果整体の効果を感じられるのは一般的に何回目から?

よくお客様から何回やればよくなりますか?何回目に効果が出ますか?回数や期間を教えてください。と、質問されます。

腰痛、五十肩、野球肩、肩コリ、ぎっくり腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、頭痛、めまい、脊柱管狭窄症、関節の痛みなど基本的に効果自体は1回目からでも出ますし、かかっても最低4、5回で実感はできるものです。期間は一週間〜二週間に一回でだいたい1〜2ヶ月くらいですね。それだけやってなにも変わらないならウチでは無理な症状と判断します。その判断をするのに十数回、数十回なんていりません。

また、1回目から効果は出ますが、その出方も人それぞれです。慢性腰痛や重度の坐骨神経痛は1回目できれいに痛み、痺れがとれる人もいますが、1回目では減ったけど消え切らないという人もいます。

ぎっくり腰、寝違え(ぎっくり首と呼ぶ人もいますね)、ぎっくり腰と同じような仕組みで起きた肋間神経痛など急激に、あるいは強烈に骨がズレた人の場合は特にハッキリ分かれてきます。炎症や中にダメージがたまってない人は一回でスッキリしますが、そうじゃない人は1回目は起きるときや前かがみといった腰に負担のかかる動作時の痛みはまだあるが歩けるようにはなってる。といった感じです。(正直その場合最低でももう1、2回は要ります。)

この場合効果は間違いなく出てますが、捉え方はお客さんそれぞれで違うと思われます。不思議な話ですが施術後お客さんに「痛みどうなりましたか?まだあったり、違和感とかでもだいたいでいいんで遠慮なく言ってください。微調整してくんで」いつも欠かすことのない質問したら「わからない」とお客さん、「まだあるんですか?」と私、「いや痛みないです」とまたお客さん、「違和感の方?」と聞き直すと「痛みないけどわからないんです」と答えてくる人がいました。

 

わからないさ

 

ハッキリ言ってそれは私もわからない。

 

あくまでここの見出しで言ってることは効果を感じられるかどうかの話です。次は整体の効能と持続性について話しましょう。

 

 

 

整体効果の持続性整体効果の持続性について、整体師が考察してみた

赤月堂での整体効果についてまず話します。

骨や筋を身体操法を使った柔らかい整体と気功の両面でボキボキしないで優しく柔らかく調整していきます。出来るだけ無痛で刺激の少ない優しい施術にすることで、できる限り負担や次の日の反応を起きないようにしてます。(※当店では電気や吸い玉、針、灸のような道具は一切使いません。完全に手技だけです。)

そして施術後すぐ痛みの確認をします。「痛み、痺れがあるか?あるいは違和感など微妙な不調がないか?」確認します。あったら、その場ですぐに微調整していきます。それによって赤月堂では1回目でできるとこまでの改善をさせていきます。ただし、一回目で無理なものや負担になると感じた時は微調整はやめて次に回します。

赤月堂の整体では、骨のズレ、筋のシコリ、筋のズレ、気の乱れを観て部分的ではなく全身を調整していきます。まず骨一個一個のズレ、骨盤の歪み、背骨の歪みを調整することで圧迫された筋肉や神経、血管、リンパは根本から解放されて流れが良くなっていき自然治癒力も上がります。自己治癒力が上がれば自力でよくなろうとする働きも強くなります。さらに、独自の骨盤矯正法を中心にその人にとって自然な骨格バランスに整えています。

そして気と筋のシコリ・ズレを調整することで骨をその位置に覚えやすくし、シコリで詰まって抑えられ悪くなってた流れもよくします。スポーツパフォーマンスやテンセグリティのような体内部の釣り合いも変わっていきます。ソフト整体またこれらのことをソフトタッチで柔らかく施術することにより負担が減るだけでなく自律神経の調整もされます。

赤月堂では今記した観点から調整して覚えをよくし、できる限り維持できるように施術してます。

整体効果の持続期間

ここから気になってると思われる持続性について話していきます。

ハッキリ言ってしまえば持続していこうと思うとその人その人で違いがでてきます。例えば原因が仕事や日常の動作、趣味からくるものならまた起こる可能性は十分にありますし、体質や心持ちも関わってきます。

先ほどの章で述べた4、5回が済み安定したなら、その後はメンテナンスや予防を含め1〜2ヶ月に一度という感じです。これは無難で平均的な解答です。特に決まりというわけでもありません。一回ですむ人もいれば、数回の人も、何十回かかる人もいるように、持続性もまちまちです。同じ一回で良くなる人や数回して骨を覚えた人でも一生出ない人と一年、三ヶ月、一ヶ月・・・という感じでどこかでまた出てくる人もいます。(あと経験上気付いたおもしろい点ですが、比較的若い世代の人よりも年配の方、古い世代の方が効果と持続力がいい気がします。たぶん環境や時代の違いで体のつくりが違うのでしょう。あくまで私の観点です)

そんな中で少しでも早く良くしたり、持続力を上げるために必要なことが「指導」と「全身調整」のふたつです。それはなぜか?まずは指導から話していきます。

デスクワーク私は先ほど体質と心構えも影響するといいましたが、今までの経験と物理的な考えを踏まえて思ったことがクセです。

スポーツ障害や生活習慣病という言葉がありますが意味するところは、要は「クセ」です。同じ動作や変な姿勢、極端な健康法の実行を繰り返せばそこがズレる。疲れがたまる。これが最も割合を占めてると思います。ある意味人生は壊す調整なのかもしれないですね(苦笑)

なので、調整後の指導はズレの原因になりそうなストレッチや健康法、寝方、動作は最低でも2、3日はやめてもらってます。それを踏まえた上でやると言う人は特に止めませんがその意識さえ持ってくれれば好きにしてもらっていいです。逆に教えたことを気にしすぎる人には気楽さを生むような話をしてうまく指導していきます。

そうやってある程度原因となる理由を知って意識してもらうだけでも骨や筋への負荷は抑えられる可能性が上がりますし、ズレにくくなっていきます。できればひどい人ほど2、3日は原因となるものは我慢してほしいところですが・・・(苦笑)

頭痛次に何故全身調整が必要か?話します。

整体の部分調整と全身調整の効果

部分的に調整しても痛みが消える人はたくさんいますし、そのままずっと起きなくなった人もその中にはいるでしょう。理由としてはその部分だけがズレてることが原因だからでしょうね。

しかし、実際はそうじゃない人も多くいます。部分的にやって治ってもまたすぐに痛みが起きたり覚えるまでに時間がかかったり、部分的にやって逆に他の場所が痛くなったり、原因が他にもあるから部分施術がそもそも効かなかったり・・・。

実際そういったお客さんから話を聞いてると有名無名なところ関係なく大半が一ヶ所いくらで部分的にやってるところで起きてるようでした。膝と腰、肩と腰が因果関係にあるのでそこの部分だけでなく繋がって起きてる人にはそこだけという方法では変えきれません。

赤月堂ではそういった人にも効くように全身の繋がりを意識した施術をしています。

それらの経験から得た独自の考察に基づいた「指導法」と「施術法」で効果とその持続力を最大限に引き出すようにしてます。ありきたりですが、自分なりの考え方をしてます。このありきたりな二段構えで立ち向かってます。

二段構え。それは顎で言うなら二重アゴのような2段重ねの盾。二段構え

ネギで言うなら二刀流による変幻自在の攻め。ダブル効果

ありきたりですが突き詰めればその重要性がよくわかります。

 

 

 

徹底解説整体にはどのくらいの頻度で通うべきなのか?理由も含めて徹底解説!

整体に通う回数は?どれくらいの期間で来るべきか?

それは正直わかりません。会ったことすらないならなおさらです。同じ腰痛という名前の症状でも、「原因」や「酷さ」が違う上に、人間自体も「体質」「癖」「環境」などそれぞれ違いがあります。それは五十肩、坐骨神経痛、頭痛にも同じことが言えます。

都合のいい回答を言えなくて申し訳ないところです。頼りないと思うなら病院か接骨院、あるいは電話しまくって自分が求めることを言ってくれる他の療術院などにかかってくださいm(_ _)m

その上でここから平均的な症状別の回数など書こうと思います。書いてある回数や来るタイミングも経験からのただのオススメです。聞く聞かないは自由です。最終的にお客さんが決めることなので気楽に読んでください。

腰痛専門整体五十肩専門整体頭痛専門整体と、今専門整体なるものがたくさんあります。うちは名乗っていませんが、腰痛、五十肩、頭痛は赤月堂の得意分野です。なのでそこを中心に書いていきましょう。

腰痛の平均的な施術回数

腰痛専門まずは腰痛の原因について詳しく話していきます。腰痛、坐骨神経痛、肋間神経痛は単純に重い物を持ったときの腰への負担だけで起こるわけではありません。ぎっくり腰が起きた時の実例がいい参考です。ぎっくり腰は『寝るときの姿勢』、『咳・くしゃみの衝撃』、『普通に歩いたり、しゃがむ途中』でも起こってしまうのですから腰痛もそれらの積み重ねで起きるというわけです。他にも『日常動作』、『ゴルフや野球などのスポーツ』、『極端に捻じるストレッチの反復』も慢性腰痛、ぎっくり腰の原因になります。これだけのことがみなさんの日常に潜んでいるのです。

では腰痛の平均的な回数など話していきます。だいたいの人が1回目から良くなっていき4、5回くらいで安定してく人が多いです。もちろんそれ以上かかる例外もありますし、「日常では困らなくなったが微妙なものがまだ残る」などもあります。その間の施術間隔ですが、最初は一週間から二週間に一回のペースが多いです。安定したらあとはどのタイミングで来るかお客さんの感覚にお任せしてます。ぎっくり腰や重度の方の場合はもっと早く来てもらう時もありますが、ほとんど週一ペースで大丈夫です。再発の有無と再施術のタイミングは人によりけりです。なので前兆、あるいはまた出て来たら、早めに来てもらうという感覚で来てもらってます。坐骨神経痛も腰痛と同じ感じです。

腰の調整で怖い思いをした、あるいは何度通っても堂々巡りの人たちへ。

赤月堂の整体術は骨盤や脊椎、足腰背の筋肉に対して激しい施術はしません。ボキボキ鳴らしたり、強く揉まれることを好む人もいますが、私はしません。むしろそこまで強くやってしまった後に確認しても、強い圧力で何度も触られた感覚過剰な血行促進による爽快感変化が分かりにくくなります。ですので私はしません。

五十肩の施術回数と通う頻度について

五十肩専門次に五十肩です。軽度の場合は起きる時の激痛、上がらないくらいの痛みでもほぼ確実に1回目で変化します。骨の位置を覚えさせて安定させるのにはだいたい1〜10回くらいで終わります。

重度の五十肩の場合1回目でほとんどの人が動かす時の痛みの変化を実感できると思いますが、可動域に関してはちょっとしか変わらない人と大きめに変化する人で分かれます。最初の内(だいたい開始して三ヶ月〜半年の間まで)は回数を重ねるたびに皆さんどんどん変わっていきますが、大半の人がそれ以降くらいから途中何度もシコリ、可動域などの『壁』が出てきます。そこからはお客さんの根気が必要になってきます。その壁を越えればさらに良くなっていきます。回数はほぼ確実に15回以上はかかると思います。安定や再発防止を考えるともっと行きます。だいたい三ヶ月〜半年以内で日常では困らなくなってきますが、安定と体質改善、仕事のことなどを考えると目安として半年〜一年以上かかると思ってもらった方がいいです。

施術間隔は軽度は週1〜隔週1です。重度は最初の二ヶ月目、三ヶ月目までは週一がおススメです。それ以降は二週間に一回です。私の感覚ですが、恐怖心がなくなって来た人は三週間に一回でも大丈夫になってきます。

重度の五十肩の人は終わりがないような痛みの恐怖心夜間痛で寝れないストレスいろんな整体院へ通ったが無駄に終わったり・・・とにかく肉体的、精神的、経済的にもいろいろな負担がかかっています。赤月堂はそこから解放できる整体院です。ぜひ来てください。重度の人で「仕事で忙しくて週一で来るのは無理」という人でも対応できるように技もさらに改良しました。

頭痛は一回目で効果がわかることが多い

頭痛専門最後は頭痛です。これは肩こりとめまいも関わりますが、とりあえず頭痛を中心に書いていきます。これもほぼ1回目でなくなるなり、軽くなるなり、効果はわかると思います。頭痛・めまい持ちは酷い肩凝りを一緒に持ってる人が多いですが、その人達を今まで観てきて感じたことが比較的肩コリよりも頭痛めまいの方が早く変化してくようでした。だから、重度の頭痛・めまい持ちはむしろ肩こりの方が回数がかかり大変な印象でした。なので、日常に困らないようには意外と早くできると思います。

かかる回数はまちまちです。一回目で一ヶ月維持する人もいますが、ほとんどの人はそこまで維持率を上げるなら4、5回以上かかると思っていただいた方がいいです。

施術間隔もまちまちですが、最初から月一の人もいれば、5〜10日間に一回を4、5回してから2、3週間と間隔を増やして一ヶ月に一回までにしてく人もいます。大してきつくない人は無難に4回ほど週一か、隔週一をした後いっきに三ヶ月空けて来る人もいます。きつい重度の頭痛持ちという人になったら一回でずーっととれてるという人は他の症状と比べると少なめだと思います。理由としては首をバキボキしたり、ストレッチして首を強く捻ったり、あとデスクワークや読書、テレビなどで怒り肩のよう肩に力を入れてしまうからです。これらの共通点にお気づきになられましたか?「スポーツ障害と同じ」で日常生活や仕事の習慣・クセの反復です。いわゆる生活習慣病というやつです。これらが理由で頭痛・めまい・肩コリは再発率が高めだと私は思います。

ちなみにこの文を読んで不安になってあれもこれもダメと考える必要はないです。人は生物であり心の生き物です。ストレスなく好き勝手めちゃくちゃやっても元気な人はたくさんいます。だからといって好き勝手やれというわけではないですが(苦笑)ストレスのない生活は心が健康になり身体も健康になります。実際、夫婦でよくある話として、「酒やタバコを好き勝手やってる旦那の方が、健康を考えてる私より健康体だなんて・・・!」というのもあります。これは人によってはあれこれ気にしすぎて余計ストレスになるということですね。しかも、これは旦那の方が健康という事実が奥さんにとってさらにストレスですね(苦笑)

 

 

 

腰痛整体に通い続けるのはもうやめたい・・・体質改善は赤月堂へ

ここから、「良くわからないまま通い続けてる方」、「無駄に終わってしまった感がある人」、「通うか迷ってる人」にとってためになる話をさせていただきます。そのために「整体で回数を重ねるとどうなるのか?」「なぜ最低4、5回は通った方がいいのか?」ここらへんの話しをするとわかりやすいんじゃないかと思います。

整体の効能では先に、整体で回数を重ねることで何が起きるのか?について説明していきます。

赤月堂の整体では骨のズレと筋のシコリを主に調整します。そして骨のズレと筋のシコリを調整することで、施術を重ねるたびに体の中の骨が正しい位置を覚えて安定していき、痛みが消えたり、軽減したり、持続力が上がったりしていきます。

早く悪い位置に戻ってしまう人でも週1〜隔週1間隔で二回、三回と重ねるたびに十分覚えていきます。腰痛、五十肩、頭痛にひどく悩まされてる方ぜひ来てください。

運動指導次にどこの整体、療術でも最低4、5回は施術を受けた方がいいのはなぜか?について説明します。

最低でも4、5回は施術を受けた方がいい理由

これは簡単な話です。腕の良い悪い関係なく、自分にとってその療術、治療法が効くなら4〜5回で十分何かしらの成果は出るからです。つまり、4〜5回行けば「通い続けるべきかどうか」の判断もできると言うことです。(ちなみにテレビや本などの自分でできる健康法なら一ヶ月〜三ヶ月試して何も感じないならやめて次の方法を探すと良いです。あと多種多様な方法を同時進行で試すのはナンセンスです。どれが良いのかわからなくなります。それどころか効果を打ち消してしまうことがあります。整体などの療術や治療法にも同じことが言えます。)

何かしらの成果とは、5回目で完全に痛みが消えた、痺れが出にくくなってきた!、3回目から二週間は効果が持つようになってきた、痛みが残ってても軽減してきてる!といったステップアップしてくような感じです。

そうそういないですが、施術したその場で何も感じない人というのもいます。そういった方達でも「他の人が観てて明らかに姿勢や動きが変化してると言われた」、「ここで施術を受けるとその場で痛みに変化がなくても2日目3日目から良くなり痛みが消えてって施術がいらなくなる」というのがあります。

それらのことを踏まえると的確に自分が判断するためにも4、5回は判断材料を得るのに必要です。

『意味なく無駄に通ったり、希望を持ちすぎて現実を見てない通い方をしてる人』『焦っていろんな療術や治療法を同時に受けてる人』たちにとっては良い参考になる話になったかと思います。ぜひ覚えておいてください。

整体に通うか迷っている方へのアドバイス

健康アドバイザー最後に。整体院というか、赤月堂に行くべきか迷っている方へ「最高のアドバイス」「最強のアドバイス」を提供します。

最高のアドバイスまず最高のアドバイスから。先ほども説明しましたが整体は効くものならば最初のうちは週一くらいで最低でも4、5回やれば十分に効果を実感できます。通い続けるかどうかを判断するのに何十回も通う必要はありません。それはほとんどの症状に言えることです。その間にまったく何も変化がないのならジャンルが違うのでうちでは変えられないものと判断し、これ以上ここで施術し続けてもムダと告げます。なので、安心して来れるかと思います。

最強のアドバイスそして最強のアドバイスです。行かなくても良いんじゃないでしょうか?何かしら迷ってるなら行動あるのみかもしれませんが、無難に病院行けば良いかと思います。私が長々と書いたこのコラムを全てムダにしてしまう言い方ですが、自由で良いじゃないでしょうか?通うのだって自分のペースでいいじゃないか。強制も決まりもないです。人の身体がそれぞれ違うように絶対的正解はないです。タイミングだの期間だの考えて迷うと正直疲れるだけです。別に無理して来るような場所ではないんです。私自身好きな時に気楽に来れる場所にしたいですし、来たい人が来ればいいと思ってます。そんな感じです。よろしく。

名古屋整体

整体師が教えるストレッチの真実 其ノ弐・・・ストレッチが逆効果に?

ホームページが見やすく変更されました

関連記事

ストレッチ

整体師が教えるストレッチの真実 其ノ壱・・・オーバーストレッチで骨がズレる?

こんにちは、名古屋市緑区の整体院・赤月堂です。 今回のコラムは整体の効果、その持続性、回数...
ストレッチの真実

整体師が教えるストレッチの真実 其ノ弐・・・ストレッチが逆効果に?

こんにちは、名古屋市緑区の整体院・赤月堂です。 今回のコラムは整体の効果、その持続性、回数...

赤月堂からのあいさつ

こんにちは、名古屋市緑区の整体院・赤月堂です。 今回のコラムは整体の効果、その持続性、回数...

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)