ブログ

BLOG

ホーム » ブログ » 専門的で一般的な健康・美容情報 » スポーツ障害や生活習慣病、病気や症状の悩みについて詳しく知りたい » 夏バテ撃退!効果的な対策:今年の夏は、バテない!快適に過ごせる方法を徹底解説!

夏バテ撃退!効果的な対策:今年の夏は、バテない!快適に過ごせる方法を徹底解説!

こんにちは、名古屋の整体『赤月堂』です。

近年、異常気象の影響で、夏は年々暑くなっていると感じませんか?

ジリジリする暑さの中、食欲不振や倦怠感に悩まされた経験はありませんか?

実は、それこそが「夏バテ」と呼ばれる症状かもしれません。

しかし、ご安心ください!

今回の記事では、医学的根拠に基づいた夏バテの原因や対策方法をご紹介します。

夏バテ撃退!効果的な対策:今年の夏は、バテない!快適に過ごせる方法を徹底解説!

夏バテとは?

夏バテは、高温多湿な環境によって引き起こされる体調不良の総称です。

主な症状としては、以下のようなものが挙げられます。
✅倦怠感
✅食欲不振
✅体力低下
✅頭痛
✅めまい
✅不眠
✅集中力低下
✅イライラ

夏バテと東洋医学

東洋医学では、夏バテは「疰夏(しゅか)」または「注夏(ちゅうか)」と呼ばれ、暑邪と湿邪によって引き起こされると考えられています。治療としては、鍼灸や漢方薬などが用いられます。

夏バテの原因

夏バテの原因は、主に以下のものが考えられます。

⚠️🚨体温調節機能の低下:暑い環境下では、体温調節機能が追いつかなくなり、体温が上昇しやすくなります。体温上昇は、体液の喪失、代謝機能の障害、自律神経の乱れなどを引き起こし、夏バテの症状を悪化させます。

⚠️🚨水分・電解質バランスの乱れ:汗をかくと、水分だけでなく、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル、つまり電解質も失われます。これらの電解質は、体液量の維持、筋肉の収縮、神経伝達など、様々な重要な役割を担っています。電解質バランスが乱れると、脱水症状、倦怠感、筋肉のけいれんなどの症状が現れます。

⚠️🚨自律神経の乱れ:高温多湿な環境は、交感神経と副交感神経のバランスを崩し、自律神経の乱れを引き起こします。自律神経の乱れは、食欲不振、不眠、頭痛、めまいなどの症状を引き起こします。

⚠️🚨消化器機能の低下:高温多湿な環境は、消化器機能を低下させ、食欲不振、胃腸障害などの症状を引き起こします。

診断

夏バテは、症状に基づいて診断されます。血液検査や尿検査などの検査は、脱水症状や電解質バランスの乱れなどを確認するために必要に応じて行われます。

夏バテの予防・対策

夏バテを予防・対策するには、以下の点に注意することが大切です。

生活習慣
✅十分な睡眠と休息を取る
✅適度な運動をする
✅ストレスを溜めない
✅冷房の使いすぎに注意する(※冷房の使いすぎは、体を冷やし、夏バテの症状を悪化させるので、適度に室温を調整します)

食事
✅水分をこまめに補給する
✅バランスの良い食事を心がける
✅ビタミンやミネラル(スポーツドリンクや経口補液など)を意識的に摂取する
✅食欲がない場合は、流動食やゼリーなどを活用する

その他
✅入浴で体を温める
✅マッサージで血行を促進する
✅サプリメントや栄養ドリンクを活用する

夏バテになってしまった時の治療

夏バテの治療は、症状の緩和が主となります。具体的には、以下の治療法があります。

✅水分・電解質補給:水分や電解質を補給することで、脱水症状や電解質バランスの乱れを改善します。経口補液や静脈注射などが用いられます。

✅栄養補給:食欲不振がある場合は、経口栄養剤や静脈栄養剤などを用いて栄養補給を行います。

✅対症療法:頭痛、めまい、不眠などの症状に対して、薬物療法が行われることがあります。

まとめ

夏バテは、高温多湿な環境が原因で起こる一連の症状群であり、医学的には「暑熱障害」の一種と分類されます。

主な症状としては、倦怠感、食欲不振、体力低下、頭痛、めまい、不眠などがあり、重症化すると脱水症状や熱中症を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

夏バテは、適切な対策をすることで予防することができます。

今回の記事で紹介した方法を参考に、今年の夏は快適に過ごしましょう!

危険な状態なら、すぐに病院へ行きましょう。

慢性腰痛を改善したい方が通う名古屋市緑区の整体院『赤月堂』

揉んでも揉んでも肩が凝る

筋肉を柔らかくする食べ物と食事のコツ

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)