ブログ

BLOG

ホーム » ブログ » 専門的で一般的な健康・美容情報 » スポーツ障害や生活習慣病、病気や症状の悩みについて詳しく知りたい » 筋肉が硬くなる原因とメカニズム:科学的根拠に基づいて改善方法やセルフケア、予防法も説明!

筋肉が硬くなる原因とメカニズム:科学的根拠に基づいて改善方法やセルフケア、予防法も説明!

こんにちは、名古屋の整体院『赤月堂』です。

今回は専門的、一般的をメインにした記事です。なので、私の考えや理論ではなく、世間一般の理論・情報として作りました。

読みやすく情報も多いし、見やすい編集も施したので、参考になると思います。

では、硬くなった筋肉について始めましょう。

筋肉が硬くなる原因とその対処法

はじめに

最近、体が硬くなったと感じることはありませんか?

筋肉が硬くなると、痛みやコリ、だるさなどの症状が現れ、日常生活に支障をきたしたり、運動パフォーマンスが低下したりする可能性があります。

この記事では、筋肉が硬くなる原因と改善方法について、一般の方にもわかりやすく解説します。

筋肉が硬くなる原因

筋肉が硬くなる主な原因は大きく分けて3つあります。

1. 運動不足

筋肉は使用することで柔軟性を維持します。

運動不足になると、筋繊維が短縮し、筋膜が癒着して、硬くなってしまいます。

特に、以下のようなデスクワークや座りっぱなしの生活は、筋肉が硬くなりやすい原因となります。
✅長時間同じ姿勢を続ける
✅運動をしない
✅血流が悪い

2. 老化

年齢とともに、筋肉の水分量が減少し、弾力が低下します。

また、筋膜も硬化しやすくなり、筋肉が硬くなってしまいます。

3. ケガ

筋肉や腱を損傷すると、炎症や痛みによって筋肉が硬くなってしまいます。

また、ケガの後遺症として、筋膜が癒着して硬くなることもあります。

筋肉が硬くなると、以下のような症状が現れます。
✅痛み
✅コリ
✅だるさ
✅可動域の制限
✅血行不良
これらの症状は、日常生活に支障をきたしたり、運動パフォーマンスを低下させたりする可能性があります。

筋肉が硬くなるのを予防する方法

筋肉が硬くなるのを防ぐには、以下のような方法があります。

1. 適度な運動

適度な運動は、筋肉の柔軟性を維持し、血行を促進する効果があります。

特に、以下のような運動が効果的です。

有酸素運動:ウォーキング、ジョギング、水泳など
ストレッチ:ヨガ、ピラティスなど
筋力トレーニング:ウェイトトレーニング、マシンを使ったトレーニングなど

※運動を始める前に、医師やトレーナーのところに一度参考のために行くのもいいと思います。

2. 生活習慣の改善

バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレスの解消など、生活習慣を改善することで、筋肉が硬くなるのを予防することができます。

特に、以下のような点に注意しましょう。

バランスの良い食事:野菜、果物、魚、大豆製品などを積極的に摂取する。
十分な睡眠:1日7~8時間の睡眠を取る。
ストレスの解消:運動、音楽鑑賞、入浴など、自分に合った方法でストレスを解消する。

3. セルフケア

ストレッチやマッサージなどのセルフケアも、筋肉が硬くなるのを予防する効果があります。

特に、以下のようなセルフケアが効果的です。

ストレッチ:入浴後など、筋肉が温まった状態で行うと効果的です。
マッサージ:筋肉の血流を促進し、コリをほぐす効果があります。
入浴:ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、筋肉をリラックスさせる効果があります。

※セルフケアを行う際には、無理をしないように注意しましょう。

筋肉が硬くなってしまったときの改善方法

筋肉が硬くなってしまった場合は、以下のような方法で改善することができます。

1. ストレッチ

ストレッチは、筋肉を伸ばし、柔軟性を高める効果があります。

入浴後など、筋肉が温まった状態で行うと効果的です。

ストレッチを行う際には、以下のような点に注意しましょう。
✅ゆっくりと呼吸をしながら行う。
✅痛みを感じたら無理をしない。
✅毎日続ける。

2. マッサージ

マッサージは、筋肉の血流を促進し、コリをほぐす効果があります。

自分で行うこともできますが、専門家にしてもらうのも効果的です。

自分でマッサージを行う際には、以下のような点に注意しましょう。

✅強く揉みすぎない。
✅リンパの流れに沿って行う。
✅入浴後など、筋肉が温まった状態で行う。

3. 運動

運動は、筋肉を鍛え、柔軟性を高める効果があります。

特に、有酸素運動やヨガなどのストレッチを伴う運動が効果的です。

運動を始める前に、医師やトレーナーなどに相談することをおすすめします。

4. 生活習慣の改善

十分な睡眠やバランスの良い食事、適度なストレス解消など、生活習慣を改善することで、筋肉の柔軟性を高めることができます。

特に、以下のような点に注意しましょう。

バランスの良い食事:野菜、果物、魚、大豆製品などを積極的に摂取する。
十分な睡眠:1日7~8時間の睡眠を取る。
ストレスの解消:運動、音楽鑑賞、入浴など、自分に合った方法でストレスを解消する。

5. 専門家のケア

筋肉が硬くなって痛みや可動域の制限がある場合は、整骨院や鍼灸院などの専門家に相談することをおすすめします。

専門家は、症状や原因に合わせた治療を行うことができます。

まとめ

筋肉が硬くなることは、日常生活に支障をきたしたり、運動パフォーマンスが低下したりする可能性があります。

筋肉が硬くなるのを予防するには、適度な運動、生活習慣の改善、セルフケアなどが重要です。

筋肉が硬くなってしまった場合は、無理に動かすのは避けゆっくりとほぐすように、ストレッチ、マッサージ、運動、生活習慣の改善、専門家のケアなどの方法で対処しましょう。

筋肉は健康な生活を送るために重要な役割を果たす組織です。

筋肉が柔軟であることは、怪我の予防、運動パフォーマンスの向上、日常生活での快適性の向上などにつながります。

この記事が、みなさんの筋肉の健康を維持し、快適な生活を送るための参考になれば幸いです。

名古屋市緑区の整体『赤月堂』

筋肉を柔らかくする食べ物と食事のコツ

デスクワークしたあと、なぜ背伸びが気持ちいいのか?

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)