ブログ

BLOG

肩を揉んだら首を寝違えた

名古屋市緑区の整体院『赤月堂』です。

こんにちは

今回は疲れて肩を揉んだら寝違えてしまったお客さんの施術レポートです。

寝違えによる首の痛み

症状

・寝違えて首が動かせない

・首の右側が痛い

・左肩を使う時に腕が痛くなる

触診

・左のふくらはぎが硬くなっていた。

・骨盤や腰椎には異常がない。

・胸椎が捻れていた。

・頚椎7番にズレがある。

・左肩より右肩関節が防御反応で硬くなっていた。

・全身協調して攣るように防御反応が起きていた。

・精神的なストレスによる硬さはなし。

状況からの推測

仕事で疲れた後、肩のコリ感が気になって自分で

揉んだのでしょうが、自分で揉むと人は無理に力を入れます。

左手で無理やり肩を揉みほぐそうとした結果、筋肉が突っ張っり、その流れで左のふくらはぎも硬くなり、さらに首の骨を自分押し込んでしまったんだと思います。

寝違えの施術

体を触ると全体的に防御反応が目立っていました。

疲れと寝違えのダブルパンチで拒絶、あるいは防御反応が起きて硬くなってる感じでした。

骨盤は大してズレてないので軽く調整して、あとは反応の解除だけに手間をかけました。

実際それだけでほぼ首は良くなりました。

最後頸椎の7番だけズレが目立っていたので、そこをやると腕も動かしやすく上がるようになっていました。

多少痕跡は残りましたが、苦なくほぼ違和感がない状態なのでそこで施術は終わりました。

今回の寝違えの原因

全体的に防御・拒絶反応という感じです。頚椎7番のズレは首の痛みに関与していないかったです。

頚椎7番は左腕の痛みに関与していました。どちらかと言えば、左ふくらはぎの方が首の痛みに関与していました。

以上です。

赤月堂

デスクワークしたあと、なぜ背伸びが気持ちいいのか?

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)