ブログ

BLOG

ホーム » ブログ » 整体施術レポート » 首の痛み(寝違え、ぎっくり首、むちうち) » 気づいたら首を痛めていた(寝違え、ぎっくり首)

気づいたら首を痛めていた(寝違え、ぎっくり首)

こんにちは

名古屋市緑区の整体院『赤月堂』です。

赤月堂

今回は寝違え?のような症状です。

寝てる時に壊したわけでなく、動いてて急に壊したということです。今回はそれの整体施術レポートです。

寝違え

今回の首痛の症状

・首の激痛。
・寝た状態から起き上がる時、痛すぎて頭を支えないと起きがれない。
・歩く時の振動が首に響いてくる。
・首が自由に動かない。

 前日、仕事が終わって家に帰り食事したり、テレビ見てる内に急に起きたそうです。

 寝る時も頭の重みで首が痛くて、倒れるのに苦労してる状態でした。

寝違えの施術

座った状態で触診すると頚椎に変な硬さがありました。背骨もかなり歪んでいました。

肩関節を触診すると左腕の筋肉がガチガチでした。

まず骨盤を揃えると背骨はほぼ真っ直ぐになり、頸椎(首の骨)が触診しやすくなり、頸椎のズレがはっきりわかりやすくなりました。

しかし、痛み自体はあまり消えてませんでした。

左腕の硬さを解除すると、座った状態でだいぶ首が自由に動くようになりました。

しかし、仰向けから起き上がる時の痛みは緩和したが、まだまだ痛いとのこと。

最後に直接的な原因である頚椎(首の骨)を調整しました。

だいぶ起き上がれるように変化しました。まだ地味な痛みは残っていましたが、無理矢理施術を続けるとまた痛みが戻ってしまうと判断し、施術は終了しました。

だいぶ動きやすくなっていたので、残りの痛みは1日、2日で自己治癒していくと思います。

ぎっくり腰やぎっくり首はよくなっても、もう一度施術にきた方がいいですが、するしないは本人の自己責任なんであとの判断は委ねて帰ってもらいました。

寝違えの原因

今回の方は触診すると左の腕全体が首を守るように、あるいは拒絶するように硬くなっていました。

腰回りは骨盤がかなり歪んでいましたが、これは元々ある長年の歪みという感じでした。

背骨を触診していくと首の骨に強いズレがありました。

首の骨に今回の激痛の直接的な原因がありました。

ですが、

元々あった骨盤の歪みがひどすぎるので、その骨盤のせいで動くときの振動の衝撃が、首の骨をズラしてしまったんだと思います。

くしゃみでぎっくり腰や寝違えを起こす人はいますが、今回はたぶん歩いてる時か、なんらかの活動中の振動のエネルギーでズレたんだと思います。

赤月堂

脊柱管狭窄症と脊椎間狭窄症の違いについて

デスクワークしたあと、なぜ背伸びが気持ちいいのか?

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)