ブログ

BLOG

ホーム » ブログ » 整体施術レポート » 五十肩、四十肩、挙手できない » 気づいたら五十肩になり手が上がらなくなっていた

気づいたら五十肩になり手が上がらなくなっていた

名古屋市緑区の整体院『赤月堂』です。

こんにちは。

今回の整体施術レポートは若干慢性混じりの急性の五十肩です。

五十肩
肩関節周囲炎、五十肩、四十肩

症状

・あるとき急に五十肩になっていた。

・70度くらいしか挙手できない。可動域制限がある。

・手を挙げるとき上腕にも少し痛みがある。

・手を挙げるとき肩の付け根と肩周りが痛い。

・肩こりもひどい。

五十肩の調整施術

骨盤調整し、頸椎調整したら肩こりはほぼ消えました。

が、肩関節の挙上はあまり変化なし。

腰椎の三番のズレと胸椎7番のズレが目立っていたので調整したら、手は90度以上まで上がるようになりました。

しかし、硬さがあるのでこれ以上追いかけても負担がいくと判断して、奥の硬い反応だけ解除して次回にしました。

次の週、90度まで上がるのはキープできてました。肩こりも半減してました。

身体を触診すると反応を解除した分、身体が調整しやすくなっていました。

前回と同じ調整の後、腰椎を調整すると、ほぼ余裕で手が上がるようになりました。

さらに肩関節のズレを除去すると腰と肩周りの筋肉が緩み、真上まで手が上がるように変化しました。

見解

ぎっくり腰のような形で五十肩を起こしたんだと思います。

もちろん長年のズレも混ざってます。肩関節はズレやすいですから。

ただ、ぎっくり腰的な五十肩。つまり、急性の五十肩だと、一回目は期待するほどの変化がありません。

が、次の調整に備えた調整をしておくと、次回の施術で大きく変化する傾向が多いので、一回目は必要なことだけやり早めに施術を打ち切りました。

急性は慢性に比べ、妙に施術にやりにくさを感じるので、その方もそうだと判断しました。

案の定その方は急性でした。

なので、二回目ではかなり大きな変化がありました。

ただし、長年かけて壊した分があるので、たぶん1週間後には挙上角度が150〜170度に少し下がってると予測してます。

五十肩

整体師になる~整体を学ぶには~

血流を良くすると痛みが消える?

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)