ブログ

BLOG

ホーム » ブログ » 整体施術レポート » その他症状 » 逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因

こんにちは。
名古屋市緑区の整体『赤月堂』です。

名古屋市緑区の整体

今回は腰痛のお客さんの話です。

施術して5分、
骨盤矯正だけで頚椎も整い、腰痛はほぼ消えました。

残ってた腰痛も胸椎の調整で良くなりました。

が、

お客さんが途中で他の腰痛に気づきまして、
それは仰向けで寝たときの腰痛でした。

しかし、全体を探しましたが悪い箇所がありませんでした。

原因を探してる最中にお客さんの逆流性食道炎の話をふと思い出しました。

腹部を探ったところ肝臓の位置に変な圧力がありました。

胃と食道には何もありませんでした。

肝臓の気を抜いて、肝臓を調整したところ

仰向けの腰痛が消えました。

1ヶ月後に再びそのお客さんが来たとき、2〜3週間ほど逆流性食道炎も薬なしで大丈夫だったそうです。

逆流性食道炎の原因

腰痛の原因が足裏や肩関節の時があるように、

肝臓も胃(逆流性食道炎)や腰(腰痛)に影響を与える原因になるんですね。

単純に胃や食道が悪いわけではないんですね。

テンセグリティのような身体の繋がりを再確認した施術でした。

人体や自然物というのは本当に神秘的です。

脊柱の歪みや椎骨一個のズレでも内臓の調子が悪くなるので、臓器器官が影響し合うのもあり得ないことではないです。

腰痛でさえ原因はさまざまです。だから、逆流性食道炎も整体で改善する可能性はあります。

名古屋市緑区の整体

赤月堂休業日

整体の施術で、肩甲骨はがしは使わない。

関連記事

052-876-2923 完全予約制10:00-20:00 不定休(予約制)